STREETSCOOTER

ラストワンマイル物流向けEV商用車

ドイツポストDHLグループが毎日配送に使っているEV商用車

世界最大の国際物流グループであるドイツポストDHLグループは、2050年までに物流を脱炭素化することを目標に、2014年にEVスタートアップ会社のストリートスクーター社を完全子会社化しました。

配送ドライバーの使い易さ、環境負担ゼロ、ランニングコストの低さを武器に、現在では既に12,000台のストリートスクーター車がドイツを中心に配送業務に利用されています。

数字で分かるストリートスクーター

販売台数

ドイツポストDHLグループを中心に既に12,000台が欧州で運行中 – ドイツEV商用車市場シェアNo.1!

走行距離

地球一周2,500回以上分のゼロエミッション走行を実証済み

CO2削減

ゼロエミッションにより、4万トンに相応するCO2排出量を削減

充電インフラ化した物流拠点数

ドイツポストDHLの物流拠点を中心に、それぞれの拠点の保有台数、敷地面積や電気系統を考慮してした充電インフラを設置

設置した充電器の数

EV商用車の運行を維持する充電器ステーションを全国の物流拠点に設置

ストリートスクーターの特徴

ドライバーの働きやすさ

宅配業界の人員不足が深刻な社会課題となっている中、ストリートスクーターは徹底したユーザ目線の開発・設計を通じて、ドライバーの働きやすさを追求。

  • 普通免許でも運転可能
  • 乗降性の向上
  • キー操作不要で荷室の施錠開錠可
  • 体に負担を掛けない荷室床面の高さ
  • 360°のマルチビューモニター

手の届くシンプル仕様のEV商用車

「EVは環境に優しいが、価格が高い」というイメージが強い中、ストリートスクーターは低コスト・短期間のEV開発・生産により、手の届くゼロエミッションEVを実現。

  • 宅配仕様の走行距離(約150km)
  • 急速充電等、不要な仕様の徹底削減
  • 開発期間も大幅に削減
  • 生産設備も低投資

ランニングコストの削減

運送業の車両維持費の負担が大きい中、ストリートスクーター車両は整備費と燃料費を中心にランニングコストを下げる工夫が満載。

  • 傷がつきにくい合成素材を活用
  • 部品は取り外しが簡単、交換費用も最小化
  • 電気普通充電により大幅に燃料費削減可
  • 電気充電インフラを活用した光熱費削減も可

ストリートスクーター・ジャパン(STSJ)

ヤマト運輸様も500台を導入

日本においては、ヤマト運輸様と日本向け車両を共同開発。

環境負荷の低減と働き方改革を両立した500台のストリートスクーター車が関東圏を中心に導入されています。

パートナー企業と連携し、EV車両の稼働を止めないサービスネットワークも構築中です。

STSJ サービス内容

海外EV商用車 認証サービス

弊社は短期間で国土交通省が定める「共通構造物 (多仕様自動車) 型式制度」の認可を取得。海外のEV商用車を国内輸入し、登録する上で必要となる認証業務をサポートします。

EV商用車 導入支援

EV商用車を導入するにも、お客様の使用実態に基づくEV仕様、モデル選定、充電インフラ設置、ドライバー研修、サービス・点検等、EVならではの検討要素が多いはず。EV車両導入の経験を持つ弊社が導入支援を行います。

EV商用車 サービス体制構築

弊社は現在パートナー企業と共に、関東圏を中心に13拠点のEV整備ネットワークを構築。EV商用車の稼働を止めないサービス体制を配備し、整備工場の立上げ支援も行います。

会社名
ストリートスクーター・ジャパン株式会社
所在地
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー8階
事業内容
自動車とその関連製品の輸入・販売およびサービス
設立
2019年1月8日
株主
StreetScooter GmbH 100%
資本金
10百万円
代表取締役社長
白木秀司

Sprachauswahl

Achtung! Sie nutzen einen alten Browser