STREETSCOOTER

ラストワンマイル物流向けEVトラック

ドイツポストDHLグループも毎日利用しているEVトラック

ドイツポストDHLグループは、世界最大の国際物流グループです。2050年までに物流をゼロエミッション化することを目標とし、2014年にEVスタートアップ会社であったストリートスクーターを子会社化しました。

現在では既に12,000台のストリートスクーター車がドイツを中心に配送業務に利用されています。総走行距離は1億km(世界一周2,500回以上)を超え、これまでに4万トン以上相応のCO2削減に貢献しました。

また、ストリートスクーター車を利用することで、経費削減や減税効果が得られるのみならず、維持費や修理費も同等のガソリンやディーゼル商用車より安く抑えることができます。環境にも優しく、経済的にも優れており、ドライバーの使い易さも徹底追及した、今後の物流を担うEVトラックです。

STREETSCOOTER

  • ドイツ市場シェアNo.1
    ドイツポストDHLで全面導入いただいているほか、欧州の物流事業者の皆様にもご活用いただいています。

 

  • ヤマト運輸様が500台導入
    国内においても、ヤマト運輸様が東京・千葉・埼玉・神奈川を中心に導入いただいています。

 

  • 環境に優しい
    排気ガスゼロ、大気汚染ゼロの街に

 

  • お財布に優しい
    修理費・維持費が大幅にダウン

 

  • ドライバーに優しい
    普通免許でも運転可能、運転手の働きやすさを徹底追求

基本情報

会社概要

社名:ストリートスクーター・ジャパン株式会社

所在地:〒140-0001 東京都品川区北品川四丁目 7 番 35 号
御殿山トラストタワー8 階
電話番号 03-5792-9037(代表)

事業内容:自動車とその関連製品の輸入・販売およびサービス

設立:2019年1月8日

資本金:10百万円


リサイクル料金
ストリートスクーター・ジャパン株式会社は、2005年1月からの自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)施行に 伴い、当社取扱い自動車のシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類について、お客様から預託を受けるリサイクル料金を以下の 通り公表します。
ストリートスクーター・ジャパン株式会社は、使用済自動車のリサイクルの確実かつ効率的な実施に向けて、一層の取り組みを推進していきます。
主要車種のリサイクル料金[台当り]
  • 通称名:ストリートスクーターD17
  • 型式:ZAB-D17SMG180
  • シュレッダーダスト料金:8,410円
  • エアバッグ 類料金:3,920円
  • フロン類料金:0円
  • リサイクル 料金合計:12,330円
  1. シュレッダーダスト料金は、重量に応じて設定しました。
  2. エアバッグ類料金は、エアバッグ/シートベルトプリテンショナー等の装備数に応じて設定しました。
  3. お客様が上表の車両のリサイクル料金を預託される場合、資金管理料金および情報管理料金が必要となります。
    資金管理料金:290円
    情報管理料金:130円
  4. 上表のリサイクル料金は、ストリートスクーターの正規代理店によって輸入された車両が対象です。

2019年度リサイクル実施状況

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づき、ストリートスクーター・ジャパン株式会社が、2019 年度(2019 年 4 月 1 日~2020 年 3 月 31 日)に実施したシュレッダーダスト※1およびエアバッグ類のリサイクルとフロン類の破壊の状況を公表致します。

(1)再資源等契約を締結した年月日

2020 年 2 月 1日

(2)リサイクル等の実施状況
2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)に引き取ったシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類はありませんでした。

(3)収支の状況
2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)に引き取ったシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類がないため、公益財団法人自動車リサイクル促進センターから払渡しを受けたリサイクル料金ならびにリサイクル等に要した費用はありませんでした。

※1 シュレッダーダスト:
破砕業者が、廃車ガラ(解体工程で有用部品や廃油廃液等が回収され、外枠だけの状態になった車体)をシュレッダーマシンで細かく砕き、金属を回収した後に残ったもの


ダウンロード

  • レスキューマニュアル

Sprachauswahl

Achtung! Sie nutzen einen alten Browser